千里市民フォーラム › 千里市民フォーラムとは

2016年05月29日

代表あいさつ

どこにいてもすぐ近くにこんもりとした木々や道路を覆う並木の溢れる緑が目に入る千里ニュータウンは、まちができ50年が過ぎた今、新たなまちの姿を現しつつあります。全く新しくなるわけではなく、これまでの50年の積み重ねの上に時代の要請に応じた未来をデコレーションし始めました。千里市民フォーラムも活動を始めてから10数年の積み重ねの上に、今、新たな装いで千里の人々の前にその姿を現すべきです。

千里のまちや人々をこよなく愛する多様な人々が集まり、そのつながりを広げ、情報を集めて発信し、千里を住み続けたい、住み続けられるまちにするための一端を担ってきたのが千里市民フォーラムです。

しかし、私たちが緻密につなげて千里ニュータウンを網羅するように作ったネットワークも所詮は網です。どうしても向こうが透けて見えます。千里の市民からは私たちの活動が見えにくく、わかりにくいようです。

私は千里市民フォーラムの代表に就任し、千里市民フォーラムの活動を千里を住み続けたい、住み続けられるまちにするために必要不可欠なものにしたいと思っています。

これまで、私たちは、新千里東町や桃山台で荒れた竹林の整備をする「千里竹の会」や千里南公園や千里中央公園の秋の一夜を9万個のキャンドルで彩る「千里キャンドルロード」を生み出しました。私たちの活動を知ってもらい、活動に参加してもらうためには、千里の市民の活動をインキュベートすることが必要です。

従来、すでにネットワークを持った人々が集い、そのネットワークを広げることで千里市民フォーラムの活動が活発になってきました。ところが、千里に新しい住民が急増し、若い世代が増えると、ネットワークを持たないが何かをしたい人々が増えてきました。そして、彼らが千里のこれからを背負っていくのです。

千里市民フォーラムは、彼らが千里のまちのために何かを始め、その活動が広がり、しっかりしたものになるように、場や資金、人材を提供してバックアップする活動を積極的に行うべきです。

今年度は、手始めに『公園などの公共空間で千里の人々をつなげよう』を基本方針として、普段積極的に使われることがない公園などを市民が集まり楽しめる場所にするアイデアを実現します。このアイデアは、昨年度の「千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム」(本年2月20日開催)で議論されました。今後の定例のサロンで準備を進めていきます。

そして、千里市民フォーラムだけではなく、千里ニュータウンそのものを人々に知ってもらうことが大切です。日本初の大規模ニュータウンとして人々の知識にはありますが、現在も「日本初」であり続ける姿を知ってもらいたいと思います。

そのために、南千里にある吹田市立千里ニュータウン情報館を活用しなければならないと感じています。公的な施設ではありますが、本来市民が積極的に運営に参加して千里ニュータウンの情報発信だけではなく、研究を含む情報収集などの活動に使われなければなりません。この課題の解決にも取り組みたいと考えています。

盛りだくさんの抱負ではありますが、千里市民フォーラムが新たな地平に向かうスタートを切り、千里が住み続けたい、住み続けられるまちにより近づくことができるようにみなさんのご協力をお願いします。

2016年5月 千里市民フォーラム代表 片岡 誠


Posted by 千里市民フォーラム at 19:00│Comments(0)千里市民フォーラムとは

2016年05月25日

事業報告

平成28年度定期総会(2016/5/14)議案書からご案内します。(この内容は同総会ですべて可決されました。)













Posted by 千里市民フォーラム at 10:40│Comments(0)千里市民フォーラムとは

2013年05月12日

千里市民フォーラムとは



はじまりこちら

代表あいさつこちら

年表こちら

会則こちら

事業報告こちら

入会案内・お問い合わせこちら


Posted by 千里市民フォーラム at 00:30 │千里市民フォーラムとは

2013年05月12日

はじまり

2002(平成14)年11月30日、千里ニュータウンの「まちびらき40年」と時期を同じくして、千里中央のよみうり文化ホールで「千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム」が開催されました。このときの参加者が中心となり、吹田市・豊中市にまたがる千里ニュータウンに住む人々に広く呼びかけ、半年近くの準備期間を経て翌2003(平成15)年4月12日に設立された「千里市民の肩ひじ張らないネットワーク」が「千里市民フォーラム」です。




■フォーラム宣言(2002/11/30)

 昭和37年、千里ニュータウンの入居が始まってから今年で40周年になります。

 その間、万国博覧会の開催や大学等の立地によって、千里は、国際的な文化・学術の街として一躍注目を集めるようになりました。
 千里に関わりのある私たちは、つくられた街から、住民の手による住みやすい街を築こうと、力を合わせてきました。 

 しかし今、千里は著しい少子高齢化、集合住宅の老朽化による建替え、また、それに伴う環境問題など大きな分岐点にあります。

 各分野で千里再生プランが論議されていますが、新世紀のまちづくりは、行政と専門家だけにまかせるのではなく、住んでいる私たちが、生活者の視点に立ったまちづくりを、めざしていかなくてはなりません。

 今日集った「千里を元気にする仕掛人」と、千里に関わる私たち市民が、それぞれの活動の中で蓄積された財産を生かしつつ、一体となって、新しい市民ネットワークを築いていくことが「ふるさと千里」の創造への第一歩だと考えます。

 「人と人、心と心が通い合う温かいまち」「街角で井戸端会議のできるまち」「千里で生まれ育った人が、いつでも帰って来たくなるまち」そんな夢と希望が語り合えるまちを、つくっていこうではありませんか。

 このフォーラムに参加した私たち一人ひとりが、明るく元気な息吹を地域に持ち帰り、元気な仕掛人となって、その輪を千里いっぱいに広げて行く活動を展開してまいりましょう。

 以上のとおり宣言いたします。

 
2002(平成14)年11月30日
千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム参加者一同



■千里市民フォーラムの活動理念と方針(2003/2/16)

千里市民フォーラムは、千里ニュータウンのまちづくりに取り組む人たちの情報ネットワークの核として、また千里に住む人々の心のよりどころとしてそのネットワークの裾野を広げていきます。

“誰もが気軽に顔をのぞかせ、気の合う仲間と軽妙な会話を弾ませることのできる”そんな自由で肩ひじの張らない出会いとふれあいの場を提供し、さまざまな課題や取り組みに応じた仲間作りの機会を設け、これを応援していきます。

千里ニュータウンとその周辺に住む人と千里ニュータウンに深い関心と愛着を持つ人たちのつながりを広げ、「生活」「環境」「福祉」「教育」「まちづくり」「子育て」「介護」「コニュニティ」といったあらゆるジャンルについて、生活者の視点に立った切り口で地域密着型のさまざまな行動に取り組み、千里ニュータウン発の先進事例の発信と、自治体や関連機関との協働のもとに”市民が主体となってつくるまち千里”の形成を目指します。

2003(平成15)年2月16日
千里市民フォーラム参加者一同


Posted by 千里市民フォーラム at 00:28 │千里市民フォーラムとは

2013年05月12日

代表あいさつ

千里ニュータウンは、かつて「東洋一の理想都市」と言われました。しかし、1990年代の後半から少子高齢化や建物の老朽化が進み、「オールドタウン」と揶揄されました。

そんな中、まちびらき40年にあたる2002年の秋、「千里を元気なで魅力的なまちへ蘇らそう!」と集まった約40名の市民によって、「千里ニュータウンまちづくりフォーラム」が開催されました。千里を愛する人、千里で活動する人のたくさんの出会いがあり、これを大切にしたいと、翌2003年の春、千里ニュータウンに関わるさまざまな人・グループの交流・情報交換の場として、「千里市民フォーラム」が結成されました。

千里市民フォーラムは、気軽な交流の場である「サロン」(1回/月)、いろいろな人の意見や知恵を交換する「フォーラム」(1回/年)を主な活動としてきました。また当初から、新しい活動やグループを育てていくことも視野に入れており、「千里竹の会」のような活動グループが生まれています。

千里ニュータウンでは、この10年間、団地の建て替えなどのハード事業が進み、街の景観が新しくなり、若い世代も増えました。しかし、ハードだけでは街は元気になりません。千里ニュータウンが、「住みたい街」の上位に挙げられるのは、人々がやさしく・生き生きしていたり、ふれあい・支えあいのコミュニティがあるからではないでしょうか。千里市民フォーラムにつらなる約130名の会員は、それぞれの地域や場での活動を通じて、これらを支えていると確信しています。

千里市民フォーラムは、近年、千里をもっとおもしろく、魅力的にしましょうと、様々な人の「千里でやってみたいこと」の実現に向けて、応援しています。まちびらき50年にあたる2012年には、千里市民フォーラムの会員が中心になって、「千里ニュータウンまちびらき50年事業」を盛大に実施し、全国に「元気なまち千里」を発信しました。さらに、50年事業で実施された「千里キャンドルロード」を、2013年は千里市民フォーラム主催で開催しようと、多くの市民の参加・協力のもとに進めています。

千里市民フォーラムは、「千里をもっとおもしろく、魅力的にしていく」ために、人々がゆるやかに繋がりながら、主体的に活動することを基本スタンスにしています。ですから、
 ・サロンなどに集まって、交流し、仲良くなりましょう。
 ・自分の「やってみたいこと」に取り組みましょう。
  興味のある「やってみたいこと」の応援をしましょう。
 ・運営委員会にも参加して、自分の役割を見つけましょう。
みなさんの参加によって、千里ニュータウンをもっともっと、若々しく、魅力的で、住みやすい、ふるさとの街にしていきましょう。

2013年秋 千里市民フォーラム代表 山本 茂



Posted by 千里市民フォーラム at 00:26 │千里市民フォーラムとは

2013年05月12日

年表

2002(平成14)年度
千里ニュータウンまちびらき40周年
●第1回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(11/30 千里中央・よみうり文化ホール)
「千里を元気にする仕掛人。大集合!」
コーディネーター:仲川利久(元朝日放送プロデューサー)
パネリスト:尾浦芙久子(NPOすいた市民活動を活発にする会)、片寄俊秀(関西学院大学教授)、澤木昌典(大阪大学助教授)
●市民組織の立ち上げに向けた準備会の開催
※第1回を12/21開催

2003(平成15)年度 …代表:谷川一二
●千里市民フォーラム設立総会(4/12)
●設立記念フォーラム「元気に市民活動~女性 3 人おおいに語る~」(4/12)
●ミニフォーラム(6/21 東丘小学校多目的ホール)
「自治会活動総点検~これでいいのか!ウチの自治会~」
●第2回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(04/2/29 北千里・パフォーマンスホール)
「あったで!!千里の底ぢから」 講演:久隆浩(近畿大学助教授)

2004(平成16)年度 …代表:谷川一二
●第3回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(05/2/26 千里中央・A&Hホール)
「千里の素敵な仲間たち」 講演:片寄俊秀(関西学院大学教授)

2005(平成17)年度 …代表:谷川一二
●第4回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(06/2/25 北千里・パフォーマンスホール)
「千里のこれまでとこれから」 講演:小山修三(吹田市立博物館館長)

2006(平成18)年度 …代表:赤井直
●第5回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(07/2/24 南千里・千里市民センター)
「ラウンドテーブル・地域での自治活動のあり方を考える」 講演:久隆浩(近畿大学教授)

2007(平成19)年度 …代表:赤井直
●第6回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(08/2/23 千里中央・コラボ)
「市民が創る千里の再生」 講演:新田保次(大阪大学教授)

2008(平成20)年度 …代表:赤井直
●第7回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(09/2/28 南千里・千里市民センター)
「高校生レストランまごの店でまちおこし」 講演:岸川政之(多気町役場)

2009(平成21)年度 …代表:谷川一二
●5月総会・トークカフェ(千里中央)
●6月サロン「多気町 高校レストランの訪問の報告」(南千里)赤井直
●7月サロン「ニュータウン人・縁卓会議 筑波学園都市の報告」(北千里)奥居武
●9月サロン「『ニュータウン再生』出版ミニ講演会(千里中央)山本茂
●第8回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(10/2/27 千里中央・コラボ)
「千里ニュータウンはすばらしい観光地」 講演:片寄俊秀(大阪人間科学大学教授)

2010(平成22)年度 …代表:奥居武
●5月総会・トークカフェ(千里中央)
●6月サロン「おひさまルーム、佐竹台サロン見学会」(南千里)案内:谷川一二
●7月サロン「日本のニュータウンと上海を歩く!」(千里中央)奥居武
●9月サロン「0 歳から 100 歳までのニュータウンをめざして」(千里中央)上村有里
●10 月サロン「ニュータウン家族の生活設計」(北千里)満永伸一
●12 月サロン「ニュータウンの何を伝えたいか?」(北千里)山本茂
●1月サロン「千里ニュータウン観光を本気で考える」(千里中央)太田博一
●第9回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(11/2/26 北千里・パフォーマンスホール)
「子育て×千里なう-千里は子育てしやすいまちですか?」 講演:高亜希(NPO 法人ノーベル代表)

2011(平成23)年度 …代表:奥居武
●5月総会・会員交流会(千里中央)
●6月サロン「千里でやってみたいこと」(南千里)
●7月サロン「千里中央界隈まちあるき」(千里中央)案内:上村有里
●8月サロン「ラウンドテーブル」(南千里)
●千里ひとびと見本市(9/17 千里中央・コラボ)
●11 月サロン「私の好きな千里の風景」(千里中央)北田順三
●12 月サロン「千里文化・芸術を大いに語ろう!」(南千里)藤本輝夫、藤本智奈美
●1月サロン「おりなすカフェ見学」(南千里・おりなすカフェ)柳田耕生
●第10回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(12/2/26 千里中央・コラボ)
「千里でやってみたいこと」大プレゼン大会!
●新会員歓迎交流会(3/17 北千里ディオス 1 番館 3 階「パーティールーム」)

2012(平成24)年度 …代表:奥居武
千里ニュータウンまちびらき50周年
●5月総会・大プレゼン大会で出された提案中間報告(北千里)
●6月サロン「国際交流カフェについての進捗報告」(南千里)木村咲子
●7月サロン「ラウンドテーブル」(千里中央)
●9月~11 月 千里ニュータウンまちびらき 50 年事業への協力
●11 月サロン「H.O.M.E.街づくり構想」(千里中央)関西大学
●12 月サロン「年忘れ交流会・千里NT50 周年事業のふりかえり」(北千里)
●1月サロン「新都心・千里中央の今とこれから」(千里中央)伊富貴順一
●第 11 回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(13/3/10 南千里・千里ニュータウンプラザ)
「千里でやってみたいことパート2&千里ひとびと見本市 2013」

2013(平成25)年度 …代表:山本茂
●5月総会・10周年記念パーティー(千里中央)
●6月サロン「ラウンドテーブル」(南千里)
●7月「キャンドル部会」スタート
●7月サロン「サロンの運営について」(北千里)
●9月サロン「北海道のNT見学報告」(千里中央)奥居武、山本茂、小山涼子、安達良子
●10月サロン「H.O.M.E.千里交流拠点留学生交流イベント(せんぱく)に参加」(佐竹台)
●千里キャンドルロード2013(11/9 千里中央公園)
●11月サロン「ガンバ応援×まちづくり」(千里中央)山本晶
●12月サロン「手を動かして笑顔に!」(南千里)山本佐代子
●1月サロン「URに聞く:建て替えない団地再生」(千里中央)久志尚太郎(無印良品)
●第 12 回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(14/2/26 千里中央・コラボ)
「大比較・英国と千里のニュータウン-千里、これからどーするの?-」
3月サロン「大フォーラムを振り返り、2014年度を展望する」(千里中央)

2014(平成26)年度 …代表:山本茂
5月総会・大自己紹介大会(南千里)
6月サロン「千里のみどり」(南千里)山本茂、西村則晃
7月サロン「千里の生活インフラ」(北千里)伊富貴順一
8月サロン「千里のコミュニティ」(千里中央)上村有里
9月サロン「千里の文化・創造」(南千里)藤本輝夫、谷川一二
10月サロン「千里のマネジメント」(千里中央)奥居武
12月サロン「千里中央と北千里 未来日記」(千里中央)伊富貴順一
1月サロン「ニュータウン情報館の活用」(南千里)片岡誠
●第 13 回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(15/2/21 北千里・パフォーマンスホール)
「千里未来日記2015〜2025」
3月サロン「大フォーラムの振り返り」(千里中央)

2015(平成27)年度 …代表:山本茂
5月総会・大自己紹介大会(千里中央)
6月サロン「みどりと交流」(北千里)山本茂、中澤良子
7月サロン「交通と移動~千里のなんだ坂、こんな坂~」(南千里)伊富貴順一、山本晶
8月サロン「みどりと交流2 オープンカフェ&根性咲きの花やみどりの写真紹介」(千里南公園)山本茂、中澤良子
9月サロン「千里のなんだ坂、こんな坂2 千里中央での車いす移動体験」(千里中央)伊富貴順一、山本晶
10月サロン「大人の遠足 まちライブラリー」(もりのみやキューズモールBASE)奥村武資
12月サロン「市民ファンド」(千里中央)片岡誠、奥居武
1月サロン「市民ファンド2 ハウ・ツーmake 千里ファンド?」(南千里)片岡誠、奥居武
●第 14 回千里ニュータウンまちづくり市民フォーラム(16/2/20 千里中央・コラボ)
「考えよう!千里の公園のおもしろい使い方」
3月サロン 「動かそう!千里の公園のおもしろい使い方」(南千里)山本茂

2016(平成28)年度 …代表:片岡誠
5月総会・交流会ワークショップ(南千里)
6月サロン「公園を楽しく使うアイデア大会」(北千里)
7月サロン「千里の公園などを楽しく使うアイデア選考会」(南千里)



Posted by 千里市民フォーラム at 00:24 │千里市民フォーラムとは

2013年05月12日

会則

千里市民フォーラム会則(2016/5/14改正)

(名称)
第1条 本会は、千里市民フォーラム(以下「本会」という)と称する。

(事務局)
第2条 本会の事務局は、ひがしまち街角広場におく。

(目的)
第3条 本会は、千里ニュータウンに深い関心と愛着を持つ人たちの繋がりを広げ、様々な分野についての生活者の視点で地域に密着した行動に取り組み、市民が主体となってつくるまち「千里」の形成を目指す。

(事業)
第4条 本会は、前項の目的を達成するため、次の事業を行う。
 (1)会員の企画にもとづき、意見交換や活動の提案を行うフォーラム事業。
 (2)会員が行うフォーラム事業から生まれる諸活動の支援。
 (3)千里ニュータウンの市民活動に関する情報の収集と提供。
 (4)会員相互の交流の場の提供。
 (5)その他、目的達成のために必要と思われる事業。

(会員)
第5条 本会の会員は、本会の趣旨に賛同する個人をもって構成する。

(役員)
第6条 本会に次の役員を置く。
 (1)代表 1名
 (2)副代表 2~3名程度
 (3)事務局長 1名
 (4)運営委員 若干名
 (5)監事 1名

(役員の選出)
第7条 本会の役員は、会員の中から選出し、総会の承認を得る。

(役員の任期)
第8条 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。ただし、代表については、連続3年を限度とする。

(役員の職務)
第9条 本会の役員は、次の職務を行う。
 (1)代表は、本会を代表して会の統括を図る。
 (2)副代表は、代表を補佐し、代表に事故あるときはその職務を代行する。
 (3)運営委員は、運営会議での職務の執行を決定する。
 (4)事務局長は、本会の事務と経理を司る。
 (5)監事は、事業と会計を監査する。

(運営会議)
第10条 本会の運営会議は、役員をもって構成し、代表が定期的に招集開催し、会の運営を協議し事業の運営にあたる。

(総会)
第11条 年に1回開催し、次のことを決議する。なお、議決は出席者の過半数によるものとする。
 (1)役員の承認
 (2)会則の改正
 (3)事業報告並びに会計報告の承認
 (4)その他、本会の運営に関する重要な事項

(会費)
第12条 本会の会員は、総会において別に定める会費を納めなければならない。

(経費)
第13条 本会の経費は、会費、寄付金、賛助金をもってこれに充てる。

(会計年度)
第14条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(その他)
第15条 本会則に定めない事項については、運営会議で協議し決定する。


附則 本会則は、平成15年4月12日から施行する。
附則 本会則は、平成18年4月16日から施行する。
附則 本会則は、平成21年5月16日から施行する。
附則 本会則は、平成22年5月15日から施行する。
附則 本会則は、平成28年5月14日から施行する。


■事務局:ひがしまち街角広場 豊中市新千里東町3-6-111(新千里東町近隣センター内)


Posted by 千里市民フォーラム at 00:24 │千里市民フォーラムとは

2013年05月12日

入会案内・お問い合わせ


千里市民フォーラムは、千里にかかわる市民・住民のネットワーク(住んでなくてもかまいません)。会員は多彩な130名!カジュアルモードで千里を楽しくしてみませんか?

〒560-0082 豊中市新千里東町3-6-111 千里・住まいの学校゙気付
senriforum@gmail.com
TEL. 06-6840-2190 FAX. 06-6840-2190


入会希望の方は
こちら(ワードまたはPDF)の申込書をダウンロードして記入し、上記アドレスまたはFAXまでお送りください。(必ずいったんダウンロードしてご自分の端末に保存し、記入してください。)

活動の概要
毎月の「サロン」(千里中央、北千里、南千里で巡回開催。情報交換・見学・イベント企画など)
会員相互のメーリングリスト+フォーラムレター
毎年2月の「まちづくり市民フォーラム」
各種活動は会員以外でも参加できます。まずメーリングリストに登録して「おためし参加」から!

年会費…1000円(大学生以下無料)


Posted by 千里市民フォーラム at 00:20 │千里市民フォーラムとは